スタッフブログ

北欧住宅は人にも地球にも優しい”サスティナブルな住まい”

最近よく耳にする「サスティナブル」というワード。「持続可能な」という意味を持ちます。

住まいにおけるサスティナブルは、いつまでも暮らしやすく次世代の子どもたちに受け継いでいくことを考えた、省エネ長寿命な住まいのこと。

エネルギー消費を抑え、長持ちするお家、ということですね^^

 

住宅の寿命がどれくらいか、知っていますか?

日本の住宅寿命は20~30年といわれています。これでは次世代に受け継げる長さではありませんね。

こんなに短い理由は、戦後焼野原になった日本でより早く、安価な建材で、大量生産しやすい家を造ることが求められたから。

住宅としての機能性や耐久性にこだわらない家が多く、住み継ぐよりも建て替えることが多かったのです。

一方、北欧の住宅寿命はとても長く平均75年と言われています。100年、200年以上前に建てられた家の多くも今なお大切に住み継がれています。

北欧スウェーデンでは「親の代で家を建て、子の代でサマーハウス(別荘)を、さらに孫の代ではヨットを。」という言葉があります。

家が短期間に消費されず、良質な資産となることで世代が進むごとにますます豊かになれる、というスウェーデンにおける住まいの考え方が端的に表現されていますね。

 

サスティナブルな家ってどんな家?

住宅が20~30年後に寿命を迎えてしまわないよう、今後サスティナブルな家づくりはますます重要になってきます。

人だけでなく、地球にも優しい家づくりのポイントとはなんでしょうか。

 

省エネ性

住宅の断熱性能をあげることは、日常生活で使用するエネルギーを抑えることに繋がります。

家の中の快適な空気を逃がさない断熱と、外気の熱を侵入させない日射遮蔽(しゃへい)の効果を高めるためには、外壁や屋根の断熱性能はもちろん、断熱玄関ドアや断熱サッシ複層ガラス窓など、家の開口部(穴の開いている部分)に高性能な部材を採用することで省エネルギーな住宅を実現することができます。 

例えるなら、家全体を保温瓶のように外側からの影響を受けなくすれば、一度冷やした空気はずっと冷たいままだし、温めたら温かさが持続するというわけです。 

エネルギー消費の約30%を占めているといわれる冷暖房の使用を減らすことができ、地球にもお財布にも優しいんですよ♪

 

長持ち

家が長持ちするためには、

  • 家自体が頑丈である
  • 劣化される要因を寄せ付けない

この2つが重要です。北欧の家が長持ちするのは、質の高い天然素材が使われているから。厳しい冬の中育つ北欧の木々は生長が遅く、硬度が高いため耐久性が上がります。

また、木造建築における最大の難敵は”水”。結露です。

木材に水分が長期間付着すると、木材腐朽菌が繁殖し、やがて木材は腐ります。それが柱や土台などであれば耐久性を損ないますし、加えて耐震性を一気に落とすことにもなります。コワイ!

結露が発生する条件は家の外側と内側の温度差。断熱性と防湿性を兼ね備えた断熱材の使用と、きちんとした施工で結露を防止することができます。

 

メンテナンス性の高さ

メンテナンスしやすいお家は、長持ちするサスティナブルなお家♪

本物の素材だからこそ得られる経年変化や風合いを大切にし、自分たちでメンテナンスを繰り返し、愛着を持って親から子へと代々住み継いでいきたいですよね。

また、お家の構造的な部分でいうと、「建物の材料の劣化を軽減し、日常の点検・清掃・補修などの維持管理を容易にすることにより、長持ちする住宅の評価基準」は「劣化対策等級」や「維持管理対策等級」で示されます。(国の制度なんです。)

給排水管など普段目には見えない部分もしっかり掃除やメンテナンスが行き届いていれば安心ですよね。

 

これからの家づくり

今後の家づくりでは、人にやさしく、環境への負荷が少ないサスティナブル住宅の考え方がより強く求められることでしょう。

当社には高気密高断熱でデザインの評価も高い北欧住宅「TRAHUS(トレフュース)」があります。

現地スウェーデンから調達した木製サッシ3層ガラス窓が自慢の「CLASSIC(クラシック)」と、高機能ながら価格を抑えた「MODERN(モダン)」の2種類です。

 

CLASSIC(クラシック)」は北欧らしいツートンカラーが目をひく北欧スタイルの外観。

モデルプランではたくさんの光を取り込む吹き抜けやセカンドリビングとして活用できる広いファミリースペースが特徴です。

木製サッシ3層ガラス窓を標準装備し、素材には無垢の床や輸入壁紙、暖炉などが使用されていて、手入れをするほどの愛着のわく100年住宅です。(オプション含む)→モデルハウス

 

MODERN(モダン)」はワントーンの塗り壁の外観。住む人の個性に合わせて64色のカラーバリエーションからお選びいただけます。

機能性とメンテナンス性を両立しつつコストパフォーマンスに優れ、若いファミリー層にご好評いただいております。

後から部屋を仕切ったり、ウッドデッキを増築したりとライフステージに合わせた可変性が自慢です。→泊まれるモデルハウス

 

気になる方は資料請求やモデルハウスの見学予約をお待ちしております!

 

Facebook、インスタグラムでも日々情報発信中!

よろしければフォローしてくださいね♪

→Facebook

→Instagram

LINE@はじめました。1to1トークもできますので、質問も気軽にしていただけますよ。
ぜひお友だち登録よろしくお願いします♪

友だち追加

記事一覧

1ページ (全13ページ中)

ページトップへ