スタッフブログ

新築のマイホームで補助金がもらえる『こどもみらい住宅支援事業』

子育て世帯や若いご夫婦が省エネ住宅を建てると、最大100万円の補助金が受けられる制度を知っていますか?

それは2022年度に新設されたこどもみらい住宅支援事業です!

そろそろマイホームを考え始めたファミリーには必見の制度です。

 

こどもみらい住宅支援事業とは?

子育て支援および2050年カーボンニュートラル実現の観点から、子育て世帯・若者夫婦世帯による高い省エネ性能を有する新築住宅の取得や住宅の省エネ改修に対して補助金を交付する事業です。

若年世帯の住宅取得に伴う負担軽減を図るとともに、省エネ性能を有する住宅ストックの形成も図る事業なんです。

参考:国土交通省「こどもみらい住宅支援事業について

 

どんな人が対象なの?

申請時、以下のいずれかの条件に該当する世帯です。(両方ともに該当する必要はありません)

  • 子育て世帯:18歳未満の子供がいる
  • 若者夫婦世帯:申請時にどちらか一方が39歳以下である

 

補助される金額は?

補助される金額は省エネ性能の程度によって異なります。金額と定義は以下の通りです。

 

最も補助金額が大きいものは、100万円/戸で、ZEH(※1)の基準を満たす新築住宅に支援されます。

マックライフは標準仕様でも「高い省エネ性能等を有する住宅」となり、最大80万円の支給を見込めます。

 

(※1)ZEH住宅:太陽光発電による電力創出・省エネルギー設備の導入・外皮の高断熱利用などにより、生活で消費するエネルギーよりも生み出すエネルギーが上回る住宅のこと。マックライフでの取り扱いはありません。

 (※2)認定低炭素住宅の取得が必要です。

 

申請が難しそう・・・

申請は事業者(工事施工業者)が行うことになっていますので、お客様の手間はかかりません。

ただし、2023年(令和5年)3月31日までにハウスメーカーと契約し、着工する必要があります。

ハウスメーカー選びや土地探し・プラン決めなど、こだわりが強ければそれだけ時間もかかるもの。じっくり時間をかけたいなら、一日でも早く動き出すことをおすすめします。

以下の図を参考に、今の時期から始動しておくと安心です。

予算枠も限られており、期限より早く終了する可能性もあります。家づくりのご相談はどうぞお早めに・・・^^

 

家づくりの相談はこちらから

・こどもみらい住宅支援を受けて、新築の戸建てを建てたい!

・テレワークが増えて郊外で広い家を持ちたいけど、どうやって土地を探せばいいの?

・そもそも今の収入で戸建てを持てるの?

・こどもみらい住宅支援事業以外に使える制度は?

などなど、家づくりには疑問がいっぱい!ぜひ無料相談会にお越しください。モデルハウスでお待ちしております♪

 

無料個別相談を希望される方は下記ボタンよりご予約くださいませ。
ご予約の際には希望日と希望時間を忘れずにお願い致します。
↓↓↓

 

Facebook、インスタグラムでも日々情報発信中!

よろしければフォローしてくださいね♪

→Facebook

→Instagram

LINE@はじめました。1to1トークもできますので、質問も気軽にしていただけますよ。
ぜひお友だち登録よろしくお願いします♪

友だち追加

記事一覧

1ページ (全13ページ中)

ページトップへ