ページトップへ

フォトギャラリー

  • シリーズ別にみる
  • すべて

駅近の狭小地に建つ片流れ屋根の家

横浜市緑区 W様邸

厳しい北側斜線制限と、敷地の特徴を考慮して設計した片流れ屋根の家。

日当たりの良い2階にLDKを配置し、和室や小屋裏とつなげるようなプランとすることで延坪が22坪とは思えない広々とした空間に。

 

設計コンセプト

W様の家づくりのご要望は当初、
「午前中陽を浴びたい」
「布団を多く干せる場所が欲しい」
「お雛様、兜など季節ものをきちんと収納したい」などがありました。

厳しい北側斜線制限とこの敷地が持つ特徴を考慮して、片流れ屋根の小屋裏付き住宅が最良ではないかと考えました。

2階の日当たりの良いところへLDKを持ってきて、LDKと和室、小屋裏をつなげるようなプランとすることで、延坪が22坪とは思えないような広々とした空間になりました。

窓や収納の位置も持ち込む予定の家具を想定しながら、レイアウトされています。
LDKにはウッドバルコニーがあり、開放的な気分になります。
布団もここに多く干せます。

お雛様などは小屋裏へ収納しておき、季節になったら、すぐにリビングへ飾れるようになっています。

居心地の良いLDKで、家族が団欒するのがイメージできます。

 
 
  • 間取り 3LDK+ロフト
  • 完成時期 平成22年7月
  • 敷地面積 91.09m2(27.55坪)
  • 延べ床面積 72.86m2(22坪)
  • 1階床面積 36.43m2(11坪)
  • 2階床面積 36.43m2(11坪)