ページトップへ

スタッフブログ

SUUMOなどの不動産ポータルサイトで家を建てるための土地を探していると、「建築条件」という言葉をみかけたことがありませんか?

建築条件付き、とか、建築条件あり・なし、とかそんな表現ですが、わかりそうでイマイチよくわからないワードですよね。

今回は、この建築条件付き土地について解説したいと思います!

 

建築条件付き土地のカラクリ

建築条件付き土地とは、「一定期間内に、指定した建設業者で家を建てる」という条件がついた土地のことを指します。

普通、土地を買えば、その土地にどんな家を建てるか、いつ建てるかは購入者の自由です。

これに対し、建築条件付き土地は、最初から建設できる家の制約が付いています。

つまり「うちで家を建築してくれるなら、この土地を売るよ」という条件つきの土地なんですね。

ということは建築条件付きの土地の売主は、家を建てることを生業にしている建築業者もしくは、不動産屋が売主の場合、指定建築業者は不動産業者のグループ会社ということになります。

 

え、せっかく土地を買っても自由に建てられないの…?

建築条件の付いた土地は、建設される家の内容(プランと言います。)も大まかに決まっていますが、もちろんまだ建っていないのである程度は購入者の意見が取り入れられるケースが多いです。

ゼロから思い通りの家を設計できる注文住宅とは違うのね…と肩を落とすことなかれ!

確かに建築条件付き土地は、プランがほぼ決まっている分、建売住宅と同様の性格を持っています。
それでも、建売住宅より自由度はずっと高くなります。

例えば二世帯同居をしたいとか、子供が4人いる、家に仕事場を設けたい、大型犬を飼いたい…。

そんな事情がある人にとってはライフスタイルに合わせてカスタマイズできるという利点があります。

また、お金はかかりますがキッチンや浴室など住宅設備類のグレードを上げたり、好みのデザインを選べるという長所もあります。

そのように、建売より自由度は高いけど、カスタマイズすればするほど費用が高くなる。それが、建築条件付き土地の特徴です。

 

とはいえ、建築条件なしより割安で魅力的


建築条件付き土地は割安で魅力的!?

一方、建築条件がなく、自由に家を建設できる土地のことを、「建築条件なし」と言います。

建築条件の付かない土地は、売り手が土地売買だけで利益を出したいと考える分、建築条件付き土地より割高に価格設定されます。

建築条件付き土地の建築条件を外す交渉を売主にしたところ、50~100万上乗せされた、というのはよく聞く話です。

建築条件付き土地は、家の建設においても利益がでるため、土地代にのせる利益は最小限します。総額で利益が出るので、土地の値段を抑え、魅力的に見せるというわけです。(魅力的に見せるといっても限界があるとは思いますが…。)

もしも気に入ったロケーションの土地が建築条件付きならば、理想の土地が見つかったことだけに安堵せず、指定の建築業者が自分の思うような家を建てられるかをよ~く見極めてくださいね。

自分の建てたいと思っている家を作る工務店やハウスメーカーが、自分の住みたいエリアで建築条件付きの土地を売っていたとしたら…。それはもう運命ですね♪

 

マックライフは土地探しのお手伝いもしています。
土地探しのお手伝い

 

Facebook、インスタグラムでも日々情報発信中です。

よろしければフォローしてください♪

LINE@はじめました。1to1トークもできますので、質問も気軽にしていただけますよ。
ぜひお友だち登録よろしくお願いします♪

友だち追加

記事一覧

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /

1ページ (全4ページ中)