ページトップへ

スタッフブログ

よくあるガラスのテーブル。

主人の独身時代からのものですが、

私は何度かテーブルの端に手をついてはテーブルをひっくり返していて、一人でイラ~リとしていました。

(なにか工夫はできないものか…。)

「工夫」という言葉は祖父がよく言っていたそうで、私も何かにつけて工夫をするようにはしているのですが、

この場合、工夫というよりこのガラスの天板を生かしてリノベーションすることにしました。

材料は私の大好きな樹種であるチェリーです。

ゆくゆく脚を切ってコーヒーテーブルにできるように(今は狭い我が家のダイニングテーブルです)、

そして脚には掃除のしやすいようにキャスターを付けました。

ティッシュなどのちょっとした物を置けるように棚を付け完成です。

考えてみると、リノベーションは工夫でできているようにも思えます。

使い勝手の良くないものや、困っている部分をどう解決するか。

そして、見た目も重要です。

人の脳は目からの情報で気分までも左右されてしまいがちです。

その分、気に入った見た目であることで生活に満足感やうるおいをもたらしてくれます。

今回の私の場合、イラ~リの原因が一つ無くなったことと、自分のデザインでの自己満足がもたらされました。

小さなストレスは自分の手で工夫をしながら変えて行きたいものです。

 

 

Facebook、インスタグラムでも日々情報発信中です。

よろしければフォローしてください♪

LINE@はじめました。1to1トークもできますので、質問も気軽にしていただけますよ。
ぜひお友だち登録よろしくお願いします♪

友だち追加

 

記事一覧

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /

1ページ (全5ページ中)